会社設立のデメリット

  • 登記費用がかかる
    会社設立には登記が必要です。その際の手数料や登録免許税がかかります。
  • 運営コスト
    健康保険、厚生年金などの社会保険料の負担が増えます。
  • 赤字でも最低限の住民税の均等割りで7万円の税金がかかってしまう
  • 交際費を全額経費におとせない
    個人事業で全額認められる交際費ですが、会社の場合全額経費にすることができません。

 

  • 事務負担が増える
    個人事業では簡単な帳簿であったとしても会社になった場合は細かい帳簿をつけることになるため煩雑です。
    決算の際の確定申告でも、個人事業のようにはいかず、たいていは税理士さんに任せなければできないでしょう。
    税理士さんに頼めばそれだけのコストも当然かかります。

 


会社設立のデメリット

どんな種類の会社がいいのか

資本金1円の会社


サラリーマンがサイドビジネスで会社設立